スポーツブランド/TRANSISTAR(トランジスタ)|ハンドボール,バスケットボール,バレーボール,フットボール

FEATURE

東京大学運動会ハンドボール部「東大で戦うことの意義。」

tokyouniv02

東京大学が3季ぶりに関東学生ハンドボール連盟2部リーグに戻ってきた。昨年の秋季リーグ(3部)を無敗で勝ち進み、入れ替え戦も相手を圧倒し、昇格を決めた。
推薦枠がない中でどのようにチームを運営しているのか、その秘密をキャプテンに就任した小林凌選手(3年)に聞いた。

tokyouniv03
ー冬はどのような練習をされていましたか。

冬は練習後に負荷が強いウエイトトレーニングを入れてフィジカルを鍛えました。
また、ランメニューを多めに取り入れる等、体作りをメインに練習をしていました。

ー新チーム作りのコンセプトは何ですか。

コンセプトは「堅守速攻」です。それはずっと言い続けています。

tokyouniv04

ー練習はどのように行っていますか。

練習メニューは最上級生で考えてます。

ー学生主体チームの難しさはありますか。

全体の意思統一をすることが難しいです。上級生がしっかりと行動で示さないと後輩たちは付いて来ないです。
指導者がいないという難しさはありますが、反対に一人一人が常に考えています。それが試合の時にも活かされていると思っています。

tokyouniv08

ー先日まで愛知県で合宿を行っていたと伺いました。合宿を通して見えたチームの課題はありますか。

新チームになり、大きくメンバー・戦い方が変わった中で、まだ細かい部分が固めきれてないです。
この後の函館合宿・練習でその部分を詰めていきたいです。

ー注目選手は誰ですか。

赤松(3年:写真右)と岡田(2年:写真左)の二人です。
赤松は攻守の軸となる選手です。岡田に関しては昨年のリーグからすごく成長しています。
2人の高い得点力に期待したいです。

tokyouniv06

ブログ(東大ハンド部 部員日記&雑記)で「東大ハンド部スピリット」を根付かせたいと書いていましたね。

ほとんどの選手が高校は強豪校ではなかった。でも僕が1年生の時に感じた、今までに経験したことのないレベルでやれる喜びを後輩たちにも感じて欲しいですし、僕たちもそこでやれるんだ、というのをプレーで示したいです。
また、『東大』が『高校時代に全国大会に出場していた選手がたくさんいるチーム』に勝つこと、そこにロマンがあると思っています。この思いをずっと繋げて欲しいです。

ー最後に、今季の目標をお願い致します。

大それた目標なんですが、上の入れ替え戦に出場して、1部昇格を決め、東日本インカレに出場したいです。

●インタビューを終えて
tokyouniv05

取材当日は他チームと合同練習を行っていた。練習後は反省点や今後の課題を1時間近く話し会っていた。ここに東京大学の強さがあるのかもしれないと感じた。

「東大ハンド部として勝つことにロマンがある」

小林選手が語ったこの言葉。
上級生がこの思いを下級生にプレーで伝えていく。春季リーグは東京大学から目が離せない。

tokyouniv07

東京大学運動会ハンドボール部
【HP】
http://todaihand.web.fc2.com
【Facebook】
https://www.facebook.com/UThandball

トランジスタ【公式】

online_br01
online_br03
online_br02
online_br03